要注意!コーディング代行で見落としがちなコスト

要注意!コーディング代行で見落としがちなコスト コーディング代行を新規に依頼するにあたり、綿密なコスト計算が不可欠です。代行の委託にまつわる必要経費としては、HTMLコード記述、CSS編集、SEO対策の強化、サイト構造の階層化などの項目が思い浮かぶかもしれませんが、最低限必要となる経費はこれだけではありません。

むしろ、コーディング代行ではロングスパンでのランニングコストが重要になると言われています。具体的には、サイト完成後の定期保守費用の比率が大きく、最低でも半年から1年程度のスパンでこまめにサイト仕様の見直しや更新を繰り返すことで、アクセス数をキープすることが重要であると言われています。

ここ数年はネットユーザーのニーズの移り変わりも激しくなっており、企業もニーズの変化にその都度対応してサイトの再構築や、キーワードプランニングを絶えず検討していくことが責務であると言われています。

もちろん、サイトの更新やSEO対策の再設定などにあたってもその都度追加料金が発生することがあるので、新規の業務依頼の段階で必ず長期的なランニングコストについても具体的にシミュレーションを行いましょう。後々になって想定外の料金が発生して、コストオーバーにならないように注意する必要があります。

最新ニュース